企業だけじゃなく個人でもできる!人生初のカーリースを契約してみた!

LINEで送る
Pocket

本日もアラサトーク!をお読み頂き、ありがとうございます。

情熱パーソナリティーさと→☆(@arosatalk)です。

 

よく、企業ではカーリースを利用している所が多いと思います。カーリースと聞くと、車を借りるってイメージが私にはありました。

車がいずれ欲しかった私は、中古車屋に展示されている車をよく眺めていました。そんな私に知り合いが「カーリースにすればいいじゃん!」と朗報を聞くことに。

個人でもカーリースを利用できる事を知った私は、さっそく契約してみました!

スポンサーリンク

オリックスカーリース

さっそく色々と調べてみると、リース会社は結構ありました。メーカーでやってる所もあれば、国産全メーカーから選択できる所も。

その中で、初めての契約なので国産全メーカーから選択できるオリックスカーリースを選びました。契約満了すると、そのまま自分の車にするか、返却するか選べる所に惹かれたのが理由です。

オリックスカーリースで車やオプションを決めるのですが、ワクワクする作業でした!月々の支払金額もその場で計算できるので、お財布との相談ができました。

以下、納車までの流れについて説明していきます。

契約

まずはオリックスから契約書が送られてきます。一緒に保険のパンフレットも同封されるので助かります!

この契約書は届いてから5日以内に返送しなければなりません。

契約書返送

契約書を書いたら、返信用封筒に入れてオリックスに送ります。この時、契約書の返送が遅れると車の納期が遅れる可能性があるので、注意して下さい。

私は返送を遅らせてしまったクチです。

車の発注

契約書がオリックスに届いたら、オリックスから自動車ディーラーへ車の発注をしてくれます。発注後に契約キャンセルや仕様変更は出来ないので、最初の選択が重要となります。この点も注意した方がいいかも。

ディーラーとの確認・打ち合わせ

ディーラーと連絡を取り、車の仕様確認や納車までのスケジュールを知らせてくれます。車の登録に必要な書類も送ってきてくれるので、記入します。

私は車を初めて持つので知らなかったのですが、駐車場の確保をしていないと車の納車は出来ないそうです。ディーラーさんから教えてもらい、すぐに駐車場の契約をしました。

登録書類の提出

ディーラーから送られてくる書類の他にも自分で用意する書類があります。住民票や印鑑証明書です。

それらの書類をディーラーに返送します。書類の不備があると納車が遅れるので、確認はしっかりと行いました。

車台番号の確認と納車日の確認

この時点で、実際に乗る車が確定します。ディーラーから納車可能日を聞かれるので、日程を調整します。

車の登録

ディーラーが運輸支局で登録手続きを行い、ナンバープレートの交付を受けます。この日より、リース契約が開始されるとのこと。自動車登録後の納車となるので、登録日と納車日は異なるそうです。

納車

ディーラーが納車してくれます。装備品の操作方法等、丁寧に説明してくれます。

契約書控え発送

契約書の控えや、クーポン券をリース会社より送られてきます。あとはリース満了日まで契約書の控えを大切に保管します。

最後に

今までは月々の収入で車の購入が難しかったのですが、リースならやりくりが出来るのですぐに行動できました!

まだ納車されていないので、これからが楽しみです。今後は納車後のことについてもご報告していく予定ですので、皆さまの参考になれれば幸いです!

 

それでは本日のアラサトーク!はここまで!

お相手は情熱パーソナリティーさと→☆(@arosatalk)でお送りいたしました!

次回のアラサトーク!もお楽しみに♪

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!

よろしければ是非SNSで拡散してくれると嬉しいです!

LINEで送る
Pocket

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. 【カーリースレポート】先日、契約したカーリースの納車日がやってきた! – アラサトーク!

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA