仕事

1つ1つが新鮮!授業が楽しくて、Webサイトを作りたくなった話

1つ1つが新鮮!授業が楽しくて、Webサイトを作りたくなった話

Photoshopが終わると、次はIllustratorの授業に入った。

Photoshopに似たようなツールが沢山あったが、Photoshopと少しだけ勝手が違う。

Photoshop、Illustrator、そしてHTMLとCSSがあればホームページやブログができる。

全てを合わせて1つの物を作る。考えただけでワクワクしていた。ソフトが欲しくて欲しくてたまらなかったが、とても高い。手が届かないでいた。

 

決定的にデザイン力がない

決定的にデザイン力がない

Illustratorも毎日ツールを1つ1つ学んでいき、出来ることが少しずつ増えていく。

やっかいだったのが、デザインはソフトの使い方を覚えただけで習得されるものではないことだった。

色を選ぶにしても合う色、合わない色。余白の取り方。文字の見せ方。

考えたらキリがない程だった。当然、デザインの経験がないので、作ったものはブサイクなものが多かった。

 

この職業訓練では2つのビックイベントがある。1つは資格。

民間の資格なので、国家資格程の難しさはないが、これを取ることで自信がつく。

私にとってはいいステップだった。

 

2つ目は実際のクライアントを通してホームページを作るコンペだった。

正直、デザイン力がないので、2つ目のコンペは捨てていた

やはりデザインに携わった受講生が作るものは私のブサイクな作品と比べると人の目を引き寄せるものがあった。

少しもどかしかったが、デザインは今後の課題として受け止める。この課題はこの記事を書いている今も継続して勉強している。

 

そしてIllustratorの授業も終了

そしてIllustratorの授業も終了

話を戻して、Illustratorの授業も一通り終え、Flushの授業も行った。

Flushは今後使われなくなってくると前置きがあり授業に入ったがこんな面白いものが使われなくなってくるのかと思うと少し残念。

 

Flushによって静的なサイトから動的なサイトに変わる。

簡単な課題を作って操作方法を学んでいくのだが、自分がどんどんWebの世界にハマっていくのが分かった。

正解なんてない。ブサイクなサイトでもいい。早く自分のサイトを作りたいと思った。今まで勉強している時に、こんなワクワクしたことはなかった。

 

Flushも簡単な課題を作っていく流れだった。完成すると本当、感動。

自分でオリジナルのものも作ったが、カクカクと動くそれは不恰好ながら一生懸命動いている。

PhotoshopやIllustratorとは違って授業数が少なかったが、Flushの授業が終わる頃にはWebに必要なものがほとんど揃っていた。

次はビックイベントの1つ、ホームページコンペだった。