ライフスタイル

ケンカばかりじゃ何も生まれない!アラサー世代のパートナーとの向き合い方

本日もアラサトーク!をお読み頂き、ありがとうございます。

情熱パーソナリティーさと→☆(@arosatalk)です。

 

最近、パートナーとケンカが続いているな。

そんな状況下に身を置いたりしていないでしょうか。

もしケンカばかりが続いていたら、それは危険信号です。

若い頃は勢いで切り抜けられることも、大人になってからの恋愛は自分も相手も冷静に考えることができます。

ケンカの内容は大なり小なりあるものの、ケンカばかりしていては良い関係は築けません。

ケンカが続いていると感じたら、負の連鎖から脱出しましょう。

価値観の違いを受け入れる

今まで育った生活環境が違うので、価値観が完全に一致することはありません。

共通の価値観を持っていたとしても、どこかしらで違う箇所が出てきます。

しかし、それは誰にでもあります。

犬派、猫派からはじまり。

カレーにソースをかける人もいれば、醤油をかける人もいます。

きのこの山派か、たけのこの里派・・・もういいですね。

そんなくだらないことでケンカになる人はいないかもしれませんが、価値観が違うというのはそういうことです。

ケンカになる前に価値観が違うところを受け入れられるか、受け入れられないか、考えてみてください。

自分は気を付けているけど、相手からケンカを仕掛けてくるんだ!

そういう方もいるかもしれません。

相手の話をよく聞いて、それが価値観によるものだったら、あなたの価値観を伝える必要があります。

そして、自分が相手の価値観を受け入れるか、相手が自分の価値観を受けれてもらえる内容なのかじっくりと話し合いましょう。

さと→☆
さと→☆
ちなみに私は食べる時にクチャクチャ音をたてる人が無理でした。

男性脳と女性脳

考え方や価値観が違う!となった時、密接に関係しているのが男性脳と女性脳です。

そもそも身体の作りが違うので、考え方も違います。

聞いたことがあるかもしれませんが、簡単に言うとこんな感じです。

  • 男性社会では競争原理
  • 女性社会では共感原理

私たちの祖先は男性は狩りにでかけ、女性は子を育てていくことが優先されていました。

その遺伝子が今もなお、組み込まれているのです。

男性では仕事だったり、女性関係で競争しようします。

女性は女性同士で共感しあいながらとめどない会話を続けることができます。

しかし、全員が全員というわけではなく、男性なのに女性脳。女性なのに男性脳の方もいらっしゃいます。

このことから分かるように男性脳同士、女性脳同士のカップルは稀なのです。

 

相手を想いやる気持ちを大切に

ケンカが頻繁にある時は、相手を想いやる気持ちが足りないかもしれません。

付き合いが長いと、一緒にいるのが当たり前・・・みたいなこともあるでしょう。

また、自分のことばかり考えているところがあったりしませんか?

ケンカをしたとして、意見しあったとします。

自分の気持ちをなんで分かってくれないんだろう。

自分は悪くない!

という気持ちを証明することが目的になっていませんか?

 

自分のことばかり考えていては、残念ながら上手くいきません。

その理由はもうあなたなら分かっていると思います。

パートナーとどうなりたいですか?

楽しく笑って過ごしたいって思いませんか?

それでもケンカしてしまったら

いくら気を付けていたとしても、ケンカする時はあります。

そんな時は是非、アフターフォローをしてください。

簡単に言うと仲直りですね。

ケンカ後の仲直りってなかなかタイミングが掴みづらいです。

まだパートナーが怒っていたらどうしよう・・・なんて考えている暇はありません。

ケンカは長引かせるより早期解決!

自分が悪いと思ったら素直に謝罪(ここが難しかったりします)することが大切です。

さと→☆
さと→☆
なんで怒っているのか分からないのに謝るのは危険です。

謝る時もLINEや電話でもいいのですが、一番は直接会って伝えることです。

パートナーと交際したのはなんでだったか。

一度、振り返ると気持ちを込めて謝罪もできますよね。

相手の気持ちを尊重し、歩み寄ることが大切です。

まとめ

 

要点まとめ
  • 価値観は違って当たり前
  • 男性脳と女性脳があるから考え方は違う
  • 相手を想いやる気持ちを大切に
  • ケンカしたらアフターフォローが重要

ケンカ自体が悪いことではありません。

ケンカをすることによって問題を乗り越えることができたら、より絆が強くなることもあります。

ケンカが頻繁にあったとしても、アフターフォローをすれば良い関係が育めます。

パートナーとの関係が良ければ、仕事も頑張れますよね。

それでは本日のアラサトーク!はここまで!

お相手は情熱パーソナリティーさと→☆(@arosatalk)でお送りいたしました!

次回のアラサトーク!もお楽しみに♪