ライフスタイル

ラーメン食いてぇ

ラーメン食いてぇ

無性にラーメンが食べたい時。ないだろうか。

私は声を大にして言いたい。あると。

しかし、本当に声を大にしてある!と叫んだら、近所迷惑だし、何があるんだろうか?と聞いた人は思ってしまう。

じゃー、これはどうだろう?

無性にマックが食べたい時。無いだろうか。

ラーメンにしろ、マックにしろ、あると思った方は声を大にして言って欲しい。

ラーメン症候群

あー、ラーメン食いてぇ。

もうこうなったら手がつけられない。この症状は突然やってくる。私はこの症状をラーメン症候群と呼んでいる。

そして、それは決まって深夜にやってくる。今回の症状が発症した時刻は23:37。

いつもならめんどくさいので、カップラーメンで済ます。

今回も済ますつもりだ。ラーメン症候群は突然やってくるので、いつ発症してもいいようにカップラーメン置き場がある。

ノソノソとカップラーメン置き場まで行くと、

 

 

 

 

ない

 

 

 

 

嘘だろ・・・そんなハズない!私はなんでもかんでもストックがないと落ち着かないのだ。

ティッシュも、トイレットペーパーも、コーヒーも、洗剤もストックがないと落ち着かない。

そんな私が・・・カップラーメンがなくなるまで気づかなかっただと?

私はメロス以上に激怒した。

セリヌンティウスとかもう関係ない。なぜ、カップラーメンがないんだと。その一点でメロスの激怒をゆうに超えた。

 

天使と悪魔

私が激怒していると心の中の天使と悪魔がやってくる。

天使
天使
この間食べたばかりだよ。

ストックなくなったの知ってたでしょ?

きっと今日は食べるなって事なんだと思うよ?

これは私の中の天使だ。絶世の美女って設定になっている。そうだな。ラーメン症候群とかふざけてないで、今日はガマンしとこ。

悪魔
悪魔
オイオイオイ、そんな奴の言うことに耳を貸す必要はねーぜ。

毎日ラーメン食ってるわけじゃねーんだし、ラーメン症候群が出た時ぐらい食わしてやれよ。

これは私の中の悪魔。超絶イケメンで悪魔としてのカッコ良さも兼ね備えている。私の考えの半分は彼とリンクしていると言っても過言ではない。

天使
天使
またあなたですか。仕事の邪魔をしないで下さい。

前回のラーメン症候群でもあなたの言い分が通ってしまいました。

今回は私の意見を通させてもらいますからね!

そうだ。前回も悪魔にそそのかされてカップラーメンを食べてしまった。しかし、今回は天使の言い分を聞くしかなさそうだ。なんといってもカップラーメンがないのだ。ラーメン屋まで行くのは流石にめんどくさい。

天使
天使
そう!その調子です。

カップラーメンのストックは明日買いに行きましょう。別に食べるなと言ってるわけじゃないのです。

ただ、毎回ラーメン症候群が起こる度に食べていたら体に毒ですよ?

確かに。ラーメン症候群が発症しても、食べなかった時もある。今回は私がストックを買い忘れたこともあり、諦めよう。

悪魔
悪魔
なぁ相棒。今のお前が食べたいラーメンを言い当ててやろうか?

みそラーメンだ!それも太麺の。それはカップラーメンじゃ無理だぞ。

いい事教えてやるよ。そのラーメンはくるまやラーメンで食べられる。

あそこは2時までやってるぞ。めんどくさいって思ってるみたいだけどな、車で10分くらいだろ?

この時間じゃ道も空いてる。

プツンと何か切れた気がした。そうだ!カップラーメンになに左右してるんだよ。ラーメン愛はどうした。悪魔の言った通り、私は太麺の味噌ラーメンが無性に食べたかった。安いカップラーメンじゃ到達することのない太麺。

さと→☆
さと→☆
ごめん、天使。今回のラーメン症候群はいつもより強い。

次回のラーメン症候群はガマンするから、今回だけは見逃してくれ。

天使
天使
ちょっと冗談は顔だけにしてください!

ただでさえ、最近ダラシない体になってきているのに。顔だけじゃなく体まで冗談みたいになったら、誰からも相手にされなくなりますよ?

少なくとも丸の内OLは相手にしません。

さと→☆
さと→☆
おい、ちょっと口が悪いぞ。何さりげなく顔ディスってんだよ。

・・・ん?丸の内OLって何だ?

悪魔
悪魔
まぁまぁ。今回は許してやれよ。

全然関係ないんだけどさ、今度デートでもしn・・・

天使
天使
お断りします!

何やってんだ、こいつら。放っておこう。今の私にはくるまやラーメンに行って味噌ラーメンを食べること。これが最優先事項だ。例え、そこに世界一美味しいステーキが置かれていたとしても、手をつけないだろう。今はくるまやラーメンじゃなきゃ受け付けない。

では現金100万円がそこに落ちていたら?

今はくるまやラーメンじゃなky・・・いや、それを拾ってくるまやラーメンに行く。ちょっと盛りすぎたな。

 

くるまやラーメンへ急げ

そうと決まれば、すぐに出かける準備だ。着替えを済まし、車に乗り込む。本当だ、悪魔の言った通り道路はガラッガラだ。これはもう万物がラーメンを食えと言ってるとしか思えない。

さと→☆
さと→☆
おい悪魔、こっから最短ルート知ってるだろ?教えてくれよ。

悪魔
悪魔
俺をGoogleマップだと思ってんのか?その道路を真っ直ぐ行って二つ目の信号を左・・・それから・・・

無事にくるまやラーメンに到着する。深夜のくるまやラーメンは当然だが、とても静か。店員に注文し、待ってる間はワクワクしかない。カップラーメンを待ってる3分間とくるまやラーメンで待ってる10分じゃワケが違う。

天使
天使
もうここまで来たら引き返すことは出来ないけど、丸の内OLはあきらめてくださいね!

てか、なんでさっきから丸の内OL基準なの?まぁ、天使は放っておいて、久し振りにくるまやラーメンに来た。

くるまやラーメンは小さい頃家族に連れてきてもらい、間が空いて大人になってからまた来るようになる。

その間が空いたのは何でかと言うと、くるまやラーメン以外のラーメンを知りたくなったからだ。

 

ラーメンバカ

高校時代、ラーメンバカが沢山いた。もう右を向けばラーメンバカ。バスケ部のアイツもラーメンバカ。私の友達にもラーメンバカがいた。ラーメンは好きだったけど、ラーメンバカではなかった私。

ラーメンバカはラーメン屋を普通にハシゴする。高校時代と言うとバイトして原付を買い、圧倒的に足が伸びる。

ラーメンバカに付き合い、ラーメンの激戦区池袋に夜な夜な向かっては美味しいラーメン屋をハシゴした。

くるまやラーメンから外に目を向けた私は毎日が刺激的。

美味しいラーメン屋を沢山知ることが出来たし、ハシゴの良さも分かりラーメンバカの一歩手前まで来ていた。

天使
天使
思い留まって良かったよね。

もし、そのままラーメンバカを貫いていたらキモデブオタクになってたと思う。

思い留まったお陰でキモオタクで済んだんですから。

さと→☆
さと→☆
さっきから、おま・・・本当天使かよ?

 

男祭り

そして、社会人になってからは『美味しさ』よりも『量』に行くことになる。

元職場では”男祭り”と言うイベントがあり、あるラーメン屋のラーメンを完食することを目的とした活動を行なっていた。二郎系ラーメンで、普通盛りが既に多い。

既に多いけど、ものっすごい分厚いチャーシューを2枚追加することが暗黙のルールだった。

戦士達はさらに野菜を増したり、増し増したりする。

完食出来なかったら、敗北のレッテルを貼られる。これがもうかなり酷い言われよう。

私は大食いの方だと思っていたけど、全くそんなことなくて、”男祭り”では最弱だった。(完食はしていたけど、大盛りは無理だった)

 

結局、くるまやラーメンってこと

以上の経験をして、現在に至る。結論から言うと一周回るとくるまやラーメンに行き着く。というのが私の持論だ。

ラーメンが来たので食べるとしよう。

 

 

天使
天使
次回のラーメン症候群では我慢ですからね!ズズズ・・・

 

 

 

 

 

 

 

お前も食うのかよっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

さと→☆
さと→☆
ふふ・・・

深夜のくるまやラーメンで不気味に笑ってるおっさんがいたとしたら、それは間違いなく私だろう。