映画

いままで見たことのないニノの迫力ある演技が観られるのは“検察側の罪人”だけ(ネタバレあり)

 

ジャニーズのファンという訳ではないけれど、キムタクとニノがそれぞれ出演しているドラマはよく見ます。私が子供の頃はロングバケーションを始め、HERO、最近ではBG〜身辺警護人〜など数々の高視聴率を叩き出しているキムタク。

 

一方、Stand Up!!やフリーター、家を買う。映画ではGANTZなど、バラエティで活躍しているニノ。

 

そんな二人が初の共演ということで期待値が爆上げされてしまった次第です。CMでもめちゃくちゃ面白そうだったので、早速見に行って来ました。

ここから先、ネタバレが少し含まれます。

“検察側の罪人”のあらすじ

研修教官であり、エリート検事の最上毅(木村拓哉)は新米検事に授業を行なっていた。

過去のニュース映像を見せていて、取り調べの可視化時代における検察の心構えをレクチャーする最上。

その新米検事の中に沖野啓一郎(二宮和也)がいた。

数年後、沖野は実力をつけて周囲から期待される存在になり、東京地検刑事部に配属になる。

沖野は研修生の時に世話になった最上のところに挨拶にいく。

最上は未解決事件の捜査の指導や相談、裁判に向けた証拠の整理を行なっていた。

最上は沖野に闇社会のブローカー諏訪部(松重豊)の参考人聴取に指名する。

沖野の立会事務官は沖野と同じ日に刑事部配属になった橘沙穂(吉高由里子)だ。

沖野は全力で取り調べにあたるが・・・。

“検察側の罪人”の登場人物

最上毅(木村拓哉)

東京地検刑事部本部係検事。エリート検事。担当している老夫婦殺人事件の被疑者として、過去の未解決殺人事件の重要参考人、松倉の名前があがってきた。

最上は松倉の犯行だと強く疑い、警察も同調。捜査方針は「松倉犯人説」として動き出すが・・・

沖野啓一郎(二宮和也)

東京地検刑事部検事。刑事部に着任したばかりの若手検事。最上の研修の受けていた時に最上の言葉に感銘を受け、その後心酔するほどに。事件の捜索が進むにつれ、最上が松倉を犯人に仕立てあげようとしているのではないかと疑問に感じるようになる。

橘沙穂(吉高由里子)

東京地検刑事部検察事務官。希望していた刑事部への異動が叶い、沖野の担当事務官に着任する。周囲を驚かせる発言があるが、誰にも言えない秘密を持っている。

諏訪部利成(松重豊)

闇社会のブローカー。用意できないものは何もないほどの腕利き。最上に特別な関心を持っていて、最上の証拠集めに協力する。

丹野和樹(平岳大)

衆議院議員。最上とは大学時代からの親友。大物議員の高島進の秘書を務めている。収賄事件の参考人として東京地検の取り調べを受けることになっているが・・・

弓岡嗣郎(大倉孝ニ)

老夫婦殺人事件で松倉を捜索するも、新たに浮上してきた被疑者。居酒屋で犯行をほのめかす発言をしていたと目撃証言があり、事件の関与を疑われることに。

小田島誠司(八嶋智人)

弁護士。国選弁護人として松倉の弁護を担当することに。

松倉重生(酒向芳)

老夫婦殺人事件の被疑者。過去の未解決殺人事件の重要参考人でもある。事件当日に被害者宅をうろついていたという証言から、取り調べを受けることになる。

 

キムタクとニノの珍しい配役

キムタクといったら仕事が出来るカッコいい役が多くないですか?

今回の映画もそうだと思っていました。序盤はいつも通りカッコいい感じで物語は進みます。

キムタクと言ったら、出演作品でアドリブを入れることで有名です。この検察側の罪人でもバッチリ入れているそうです。序盤で『罪を洗い流す雨、そんなものないからな』という台詞があるんですが、それもアドリブ。

そして、このシーンがかなり重要になってきます。

また、弓岡を演じる大倉さんも「CHANGE」というドラマでキムタクとアドリブでのやり取りをしたことがあり、検察側の罪人でもアドリブのやり取りを楽しんで演出できたと言っています。まさにアドリブ王!

中盤になってから段々とカッコいい役から遠ざかっていきます。ビビりまくってるシーンだったり、嘔吐してしまったり。いままでのキムタクじゃ考えられない。挙げ句の果てに逆ギレシーンもあります。あまりの酷さにちょっと笑ってしまった自分がいました。

一方で、ニノの役もいままでにない迫力あるシーンがあります。松倉を取り調べる沖野のシーン。

終始、沖野は罵声を浴びせます。このシーンを見るだけでも価値あるんじゃないかと思ってしまう。ニノのプロ意識を感じました。めっちゃ恐い。こんな感じで取り調べ受けるのかなと見ていたのですが、調べてみたら作品としての演出で、実際にはこんな取り調べしたらクビだそうです。

松倉が関与していない事件の被疑者となっている為、最初は余裕がある態度だけど、過去の事件で家族の事を言われた時にスイッチが入ります。ここからのたたみ掛けがエグい!

さと→☆
さと→☆
正直、ニノの取り調べ受けたらチビると思う

“検察側の罪人”のまとめ

序盤の盛り上がったのですが、後半は少し物足りなかった印象を受けました。

最後に沖野が叫ぶシーンがあるのですが、ちょっと理解できなかった。証拠も見つかるだろうし、そのまま物語が進めば、沖野の勝ちでは?と。

あと、少しついて行けなかったのは、橘と沖野が付き合うシーン。ちょっといきなり過ぎる印象を受けました。恋愛フラグが全然立ってなかった。もしかしたら、私の恋愛偏差値が低いだけかもしれませんが。笑

原作は読んでいないのですが、結末が違うそうです。もし、内容について行けなかったら、原作である程度の知識をつけておくと良いかもしれません。

正しい事全てが正義ではないと感じる作品でした。