介護

よく耳にする認知症ってどんな病気?(前編)

よく耳にする認知症ってどんな病気?(前編)

元介護士のさと→☆(@arosatalk)です。

今回から認知症編に入ります。私が介護職として働いていた時に感じたのは認知症のお客様が多いということです。

認知症といっても、皆症状が同じかと言われれば、そうでもありません。

認知症とはどういった病気なのか、ご紹介していきますので参考にしていただけたら幸いです。

▼前回はこちら▼

あわせて読みたい
もしもお年寄りが寝込むことになったらどうすればいいの?
もしもお年寄りが寝込むことになったらどうすればいいの?元介護士のさと→☆(@arosatalk)です。 前回は寝たきりを防ぐためにどうしたらいいか、お話しさせていただきました。 寝たきり...

 

よく間違えてしまう認知症と物忘れ

よく間違えてしまう認知症と物忘れ

年を重ねていくことで物忘れをすることが増えてきます。しかし、これは加齢による機能の衰えなので生理的に起こりえることです。

物忘れと違い、記憶力の低下が顕著に現れたり、明らかな知的能力の低下が見られた場合、認知症が疑われます。

 

認知症の特徴とケア

最近では「痴呆症」と耳にしなくなりました。この呼び方では適切ではないと感じる人が多かった為、厚生労働省が行政用語として「認知症」と呼ぶことに決定します。

脳の働きが低下してきて、そのことが原因で起こる様々な症状を認知症と呼んでいます。

認知症の恐いところは、物を覚えたり、判断する力が低下することです。進行していくと日常生活に支障をきたすこともあります。

 

自分がしたことを忘れてしまう

誰しも物忘れをしたことがあると思います。うっかり忘れてしまい、その時に忘れていたことを気付きますよね。

認知症の方はそうではありません。自分がしていた行動の一部分が丸ごと無くなります

例えば、

  • 日課の散歩に行って帰ってきたと思ったら、散歩に行ってきたこと自体を忘れて、出かける。
  • ご飯を食べたのに、食べたこと自体を忘れてしまって食べようとする。

などです。こうした一部分の行動がスッパリと抜けてしまう為、初めは戸惑ってしまうかもしれません。

 

専門家の診断と正しいケアを

人それぞれ老化の進行具合は違います。老化が進行するのは生理現象ですので、物忘れが増えたとしても寛大な気持ちで受け止めて下さい。

もし、異変に気が付いたら病院で検査を受けましょう。単なる物忘れなのか、脳の老化による認知症になってしまったかは、検査をすることで分かります。

認知症と診断されたら、医師の指示をしっかりと聞き、正しいケアをしていく必要があります。

 

認知症の初期症状

認知症の初期症状

認知症と診断されたとしても、いきなり全てがわからなくなるわではありません。

初期の頃は物忘れが多くなったことに対して戸惑いや不安を感じています。場合によっては、物忘れをしてしまったことを隠そうとすることもあります。

認知症になり、一部の記憶が消えてしまったとしても、お年寄りには喜怒哀楽の感情はあります。戸惑いや不安を感じている中で、認知症を指摘すれば自尊心を傷つけてしまいます。

初期症状では忘れてしまったことを自覚する

もの忘れが多くなったな…とお年寄りが自覚していると、失った記憶をなんとかしようと事実とは異なる行動をすることがあります。

この時、周りの方はお年寄りを咎めてしまうことも少なくありません。お年寄り本人も自覚しているのですが、どうしたらいいか分かりません。

話のつじつまが合わない行動をしたとしても、周りの方はお年寄りの気持ちを理解する必要があります。

そして、正しいケアを行い、少しでもお年寄りの戸惑いや不安を解消してあげましょう。

 

昔のことは覚えており、最近起こったことを忘れる

どのように記憶力の低下が起こっているかによって、認知症の初期症状を見分けることができます。

記憶には長期記憶短期記憶があります。長期記憶は昔のことで、短期記憶は数日以内から数分前の出来事を覚えています。

認知症初期では数日前の出来事があやふやになっていき、最終的には数分前の出来事を忘れてしまいます。

しかし、長期記憶である昔のことは覚えている場合が多いです。昔のことは覚えているのに、最近のことは忘れてしまっているようでしたら注意が必要です。

 

時間の感覚がわからなくなってしまう

認知症の初期症状として、時間・年・月・日付・曜日などが分からなくてなってきます。

これは「見当識」が正常に働かなくなる認知症の特徴です。見当識は時間だけでなく、場所や自分の置かれている状況を認識することができるので、正常に働かなくなると分からなくなってしまいます。

 

注意すべき認知症の初期症状

  • 物忘れをすることが多くなり、話のつじつまが合わなくなる
  • 昔話はよくするが、最近のことはすぐに忘れてしまう
  • 日付や曜日感覚が大幅にズレている

 

認知症の進み方

認知症の進み方

認知症は記憶力の低下以外に、知的能力の低下があります。知的能力の低下が起こると妄想したり、徘徊したりと異常な行動や発言が増えてきます。

やがて、日常生活に支障をきたすようになっていきます。

 

記憶の分類と記憶障害

まずは記憶についてご説明します。普段の生活ではあまり意識されないかもしれませんね。

記憶を分類すると、次のようになります。

  1. 体験したことを記憶する
  2. 記憶を保つ
  3. 記憶を思い出す
  4. 記憶した内容が体験したことかどうかを確認する

認知症における記憶障害とは、初期の段階で①体験したことを記憶すると、③記憶を思い出すに障害が起こります。①が上手く機能しないと、②記憶を保つことも③記憶を思い出すこともできなくなりますね。

進行していくと④記憶した内容が体験したことかどうかを確認するも上手く機能しなくなっていきます。

④記憶した内容が体験したことかどうかを確認するについては少し深掘りしていきましょう。

「一昨日の晩御飯は何を食べましたか?」と聞かれると、少し時間をかけないと思い出せなかったりしますよね。しかし、「一昨日の晩御飯はカレーライスでしたか?」と聞かれると答えられるのではないでしょうか。

このことを「再認」と言います。①〜④で1番最後まで機能しているのが④の再認です。その為、昔のことは忘れずにいられることが出来るのです。

 

見当識の分類と見当識障害

見当識については次のように分類できます。

  1. 時間や日付
  2. 場所や空間
  3. 人や物を見分ける

①で今はいつか、②でどこにいるのか、③で目の前にいる人物が誰か(あるいは物が何なのか)を把握しています。

この見当識に障害ができると、まず①時間や日付が分からなくなってきます。少し眠って起きた時、朝なのか夕方なのか分からなくなってしまうお年寄りもいらっしゃいました。

②場所や空間の障害が進むと、外出して帰ることが出来なくなることがあります。こうなってくると安易に外出を勧めることはできません。

③人や物を見分けるの障害が進むと、家族や大切な友人の顔や名前を忘れてしまいます。普段使っていた物も使い方が分からなくなるということもあります。

 

記憶障害と見当識障害は同時になることもある

冒頭でお話しした通り、認知症の進行は人それぞれです。記憶障害と見当識障害の症状が同時に起こることもあります。

徘徊においては、来た道を覚えることができず、尚且つ場所や空間も分からない状態になります。

お年寄り本人としては焦りや戸惑い、不安を感じています。少しでも認知症が進まないようにケアしていくことが大切です。

▼前回はこちら▼

あわせて読みたい
もしもお年寄りが寝込むことになったらどうすればいいの?
もしもお年寄りが寝込むことになったらどうすればいいの?元介護士のさと→☆(@arosatalk)です。 前回は寝たきりを防ぐためにどうしたらいいか、お話しさせていただきました。 寝たきり...